ブログ記事のネタに困る!何を書けばいいの?

ブログ記事のネタはいつもすぐに思い付くとは限りません。

ネタに困ることも多いでしょう。

特に記事を沢山書く必要がある人はネタを常に探している人もいます。

ネタを探すポイントは悩みなどに注目することです。

他にはヒントをテレビなどの情報源から得ることでしょう。

ここではブログ記事のネタに困ったときにどうすればいいかを解説していきます。

「Yahoo!知恵袋」と「教えて!goo」で人の悩みを知る

ブログ記事のネタを探すときに役立つのは人の悩みです。

「Yahoo!知恵袋」と「教えて!goo」などのQ&Aサイトを見ると、色々な悩みがあることが分かります。

その中で記事にできそうなものを選ぶだけでネタを探せるでしょう。

特に色々な人が知りたいと思っている悩みだと記事を読む人が増えることもあります。

悩みに対するアンサーが多いものをネタとして利用すると読まれやすい記事になります。

また、悩みに対する答えは一つとは限りません。

複数の答えがあるものであれば記事をいくつか書くこともできます。

このように記事を書くことを考えると、悩みはネタとしては優良なものが多いです。

 

まずはじめに知っていただきたい点は、検索ユーザーは「知りたい情報」が書かれているページを探しています。そして「すぐに答えを知りたい」と思っています。

だからその情報は、ページに訪れたらすぐに渡してあげてください。この後の記事構成でも触れていますが、答えは真っ先に提供しましょう。

補足ですが、訪問者は検索をしたいわけではありません。引用:アフィリエイト記事の書き方(家族スマイルのサイトより)

上記は、アフィリエイトで有名なナオトさんのブログから引用したものですが、基本的には読者が知りたいこと、悩みなどを執筆していけば良いと書いてあります。しかもその答えの提供を早めにしましょうとのこと。

なので、記事ネタに困るということは、読者が何を知りたいかあなたがわかっていない、つまりリサーチ不足と言えるかもしれませんね。

ご自身の経験をネタにする

ネタを探すときに簡単なのは自分の過去を振り返ることです。

思い出をたどればネタになりそうな出来事が見つかるでしょう。

昨日起きた笑える話や子供の頃の出来事などを書けば、記事にすることは難しくありません。

自分の経験であれば何かを調べなくても短時間で書けます。

自分の過去からネタを探すときには、キーワードを先に決めます。

例えばキーワードを夏の思い出と決めたとします。

海でバーベキューをした思い出をネタとして見つけることができるかもしれません。

キーワードがあると思い出が見つかりやすいのです。

また、時間を区切って過去を振り返ることで、思い出しやすくなりなります。

小学生時代や中学生時代など時間ごとに思い出は違いますので、時代ごとにネタにできそうなことがあるでしょう。

テレビ、ラジオ、雑誌からネタのヒントを得る

テレビ、ラジオ、雑誌などからネタのヒントを見つけられます。

メディアから新しい情報を入手できることは多いです。

新しい情報をそのまま記事にするのではなく、自分なりの肉付けをするといい記事になりやすいです。

新しい情報だけを発信すると他の人と同じ内容になることも少なくありません。

しかし、肉付けをしておけばオリジナルの記事になります。

情報を発信しているメディアをヒントが得られるツールとして利用するのは賢い方法です。

過去の自分が知りたかったことを洗い出す

記事のネタとして面白いのは過去の自分が知りたかったことを書くことです。

過去に自分が知りたかったことであれば、他の人も知りたいと思っていた可能性はあります。

特にちょっとしたネタは読んでもらえる記事になりやすいです。

バナナで釘が打てるのかなど、分かりやすくて疑問に持ちやすいことをピックアップすると、読者の興味を引きやすいでしょう。

また、過去の自分が考えていたことであれば、オリジナルの文章をかけることもあります。

オリジナルのストーリーを作れるとすれば、ネタとしては活用できるでしょう。

すでに解決されているような内容であっても、自分なりの解決方法を記事にするのも面白いです。

どうしてもダメならツールを使う

記事のネタを考えるときに、どうしても思い付かないということもあります。

そのようなときはツールが役に立ちます。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)などを使えば役に立つこともあるでしょう。

例えば、夏の思いと打ち込めば、海、バーベキュー、水着など色々なキーワードが出てきます。

これらのキーワードを組み合わせてネタにすることができるのです。

キーワードの組み合わせによって様々なストーリーを作ることができます。

ツールを利用すると普段は思い付かないようなネタが出てくることもあります。

さらに、関連キーワードに自分独自のキーワードを加えるとネタの幅が広がっていくでしょう。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版) http://www.related-keywords.com