ブログは特化型がよい?それとも雑記ブログが良い?

副業でサイトアフィリエイトをする際、ブログの方向性を決めておくことが大切です。

具体的には特化型と雑記ブログの2種類が考えられますが、どちらのブログを運営していけば良いのでしょうか。

そこで今回は、特化型ブログと雑記ブログ、それぞれのメリット・デメリットを解説するとともに、どのようなブログがアフィリエイトに適しているのかを考えていきます。

最初に始めるなら雑記ブログが取り組みやすい

まず結論から話すと、最初にアフィリエイトを始めるなら、雑記ブログが取り組みやすいと言えます。

ブログでサイトアフィリエイトをする場合、特化型と雑記ブログの2種類のいずれかを運営することが考えられます。

それでは、なぜアフィリエイトのスタートに雑記ブログが取り組みやすいのか、それぞれのブログのメリット・デメリットを詳しくみながら説明していきます。

雑記ブログのメリット・デメリット

雑記ブログとは、特定の分野だけでなく、幅広いジャンルの記事を掲載するブログのことです。

最大のメリットは、どのようなジャンルの記事でも掲載できる点でしょう。

例えば、グルメに関する記事と転職に関する記事と保険に関する記事を同じブログで取り扱うこともできます。

自分の興味のある分野や、そのときにトレンドな分野などを記事にできるため、オールマイティな話題をカバーできます。

また、自分が書ける話題を取り上げて記事を作成すれば良いので、特別な専門性がなくとも記事数を増やし運営していくことが可能な点もメリットと言えるでしょう。

一方、デメリットとしては、ターゲットが絞り込みにくいことが挙げられます。

雑記ブログは記事ジャンルの幅が広い分、どうしても記事の内容が広く浅くなりがちです。

アフィリエイトで収益を伸ばす上では、読者がどのような情報を求めているのかを推測し、ニーズにマッチした記事を提供することが大切です。

しかし、記事のジャンルが幅広い雑記ブログでは、読者のニーズをピンポイントで絞り込むことが難しいため、大きな収益につなげにくいのです。

特化型ブログに必要な適正とメリット・デメリット

特化型ブログとは、特定のテーマの話題のみに特化したブログのことです。

例えばアプリのレビューをするブログ、家電の紹介をするブログ、旅行情報に関するブログなどが挙げられます。

どのようなテーマを取り上げるかはアフィリエイターの自由ですが、特化型ブログを運営していくためには、ブログで取り上げるテーマに関する深い知識や経験が必要です。

したがって、何か1つの分野に注力できる方や、あるいはこれまで培ってきたスキルや知識、経験を活かしたブログ作りができる方が特化型ブログに向いていると言えるでしょう。

特化型ブログ最大のメリットは、読者のニーズを絞り込みやすいということです。

特化型ブログの読者はほとんどがそのブログで取り上げられているテーマに興味がある人です。

読者がどのような情報を求めているかを推測しやすいため、効果的にアフィリエイトを行えば大きな収益につなげることも可能です。

ただし、デメリットとして読者を呼び込むのに苦労しやすいという点も挙げられます。

特化型ブログは取り扱うテーマが決まっているため、そのテーマに興味がない読者のアクセスはあまり期待できません。

アフィリエイトしやすい分野を取り扱ったブログであれば、まとまったアクセス数が見込めますが、テーマ選びを誤るとアクセス数を伸ばせなくなる可能性もあります。

商標サイトという選択肢もある

商標サイトというのは、特定の商品・サービスについて特化したブログですね。

狙うのは商品名に関係したキーワードになります。

例えば、比較的こう単価のもので言うと確定前診断の広告などは人気があります。

これは妊婦さんに対して、血液検査だけで生まれてくる赤ちゃんが正常かどうかを事前に知ることができるという検査なのですが、結構高い単価です。

将来的に収入を分散させるならブログは複数持っていた方がいい

雑記ブログと特化型ブログ、それぞれのメリット・デメリットを考えると、やはり専門的な知識やスキルが必要なく、気軽に始められる雑記ブログがアフィリエイト初心者にはおすすめです。

しかし、アフィリエイトはずっと1つのブログのみで続ける必要はありません。

将来的に収入を分散させるならブログは複数持っていた方が良いでしょう。

雑記ブログからスタートして、アフィリエイトのコツがつかめてきたら、何かのテーマに絞った特化型ブログを別に起ち上げるという方法もあります。

まずは取り組みやすいブログでアフィリエイトを始め、知識や経験をたくわえながら、自分にはどのような方法が合っているのか見極めていきましょう。